FC2ブログ
プロフィール

群雄会

Author:群雄会
同志社大学郡嶌孝ゼミナールのOB・OG・現役生が参加する組織です。縦と横の交流を深めることを意図して作られました。

OB・OG・現役生の皆様、ゼミに関する情報お寄せください。お寄せいただいた情報に関しては随時更新していきたいと考えています。寄稿・投稿に関してもお待ちしております。

原則としてコメントする際には、名字(○期生or卒業年度or入学年度)を記入してください。フルネームで記入されますと第三者に情報漏れの恐れがありますので、できるだけ避けていただけるとありがたいです。

下のメーリングリストに参加していただきますと、連絡等を随時メールで配信していきます。このサイトでは見ることのできない写真などを見ることができるようになっています。





このサイトは米田(24期生・2007年度卒業)が管理運営しています。要望などありましたら下記のメールアドレスまでご連絡ください。

dbh0141(アット)mail3.doshisha.ac.jp

(アット)を@に変換してください。

月別アーカイブ
アクセス
Firefox
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
リサイクル豚の施設見学

2005年の10月 <リサイクル豚見学会>過去のHPから引用

 ゼミでリサイクル豚といっているのは、大阪府泉佐野市の川上さんという方が育てていらっしゃる、大阪唯一のブランド豚である犬鳴ポーク(川上さんちのブートン)のことです。何がリサイクルなのかというと、豚の飼料を、近くの食品工場などから出た、商品規格外の食品の余りもの(うどん、ラーメンの生地、ちくわ) などを回収し、それを醗酵させた飼料で豚を育てていることです。この規格外の食品は、本来は、人間が食べられるものなのに、捨てられてしまうのでこれを飼料に使うことは、資源の有効利用になります。

 しかし、この回収された食料残渣にも豚に食べさせるに悪いものもあります。これも有効に活用されています。飼料に使えない食料残渣と豚糞をまぜたものを脱水機にかけます。すると固形物と液状物に分かれます。その固形物は堆肥化され、液状物は醗酵槽に入れられて、酪酸醗酵させてメタンガスを発生させます(バイオガスといいます。)。このメタンガスで、飼料を乾燥させるオーブンボイラーなどの熱源として使われています。なお、堆肥は近くの農家の方に配っておられるそうです

犬鳴ポーク(川上さんちのブートン)
http://www.rinku.zaq.ne.jp/kanki/

2005-1020-1330.jpg


 




スポンサーサイト


活動記録 | 【2008-02-28(Thu) 15:05:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。