FC2ブログ
プロフィール

群雄会

Author:群雄会
同志社大学郡嶌孝ゼミナールのOB・OG・現役生が参加する組織です。縦と横の交流を深めることを意図して作られました。

OB・OG・現役生の皆様、ゼミに関する情報お寄せください。お寄せいただいた情報に関しては随時更新していきたいと考えています。寄稿・投稿に関してもお待ちしております。

原則としてコメントする際には、名字(○期生or卒業年度or入学年度)を記入してください。フルネームで記入されますと第三者に情報漏れの恐れがありますので、できるだけ避けていただけるとありがたいです。

下のメーリングリストに参加していただきますと、連絡等を随時メールで配信していきます。このサイトでは見ることのできない写真などを見ることができるようになっています。





このサイトは米田(24期生・2007年度卒業)が管理運営しています。要望などありましたら下記のメールアドレスまでご連絡ください。

dbh0141(アット)mail3.doshisha.ac.jp

(アット)を@に変換してください。

月別アーカイブ
アクセス
Firefox
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
同志社EVE(2005年)


<2005年の同志社EVEでの活動>

「同志社EVEでの環境負荷の低減すること、EVEに参加する
全ての参加者の環境意識の向上」を目的に活動しました。

具体的な活動として、ゴミを分別し、資源ごみとしてリサイクルできるものは洗浄した上で、各企業の協力の下、ゴミの処理を行います。

分別に関しては、分別表記した5つのごみステーションを設け、各々にナビゲーターを配置し、来場者がきちんと分別して捨てられるようにサポートする。その後、ペットボトル、白トレー、エコトレー割り箸を洗浄する。

容器にお金をかけ、容器を返却するとお金が戻ってくるデポジット制に取り組んできましたが、全団体が参加するには洗浄など取り組むべき課題が大きいと考え、2005年度、新たな試みとしてエコトレーの導入の実験を行うことにしました。

エコトレーを導入したからといって、環境負荷が低減するかというと、一概にいえないかもしれません。一回使っただけで、土に埋めることが本当に環境に良いのかというと疑問符がつきます。また、処理するための運搬にかかるガソリン等の環境負荷、洗浄するために使う汚水の環境負荷など、あとの処理の仕方など考えなければならない課題が山積みです。

出店としても参加しました。あえて、「郡嶌ゼミ」としての名ではなく、「エコキャンパス推進委員会」という名称で参加します。リサイクル豚を使った豚汁を提供します。この出店の第一の目的は利益を上げることではなく「リサイクル豚を多くの来場者に知ってもらい、食について見直してもらう」ことです。「リサイクル豚?怪しい」と思われる方も多いと思います。でも一味も二味も違うこの豚汁を食べていただけると考えを変えていただけるかと思います。

140176182_253s.jpg

140176182_136s.jpg

140176182_110s.jpg



 

スポンサーサイト


活動記録 | 【2008-02-28(Thu) 15:43:17】
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-04-30 日 11:59:48 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。